様々な不動産投資~注目を集める太陽光発電投資~

案内する男性

不動産投資と太陽光の活用

屋根

特徴と注意点

不動産投資には様々な方法があるが、その1つとしてあるのが太陽光発電投資であり、最近人気が高い投資先の1つにもなっている。太陽光発電投資をする人は増えているが、その太陽光発電設備を設置することで、安定して売電収入を得られるということがある。他の不動産活用では、利用者などがいるかにより収益が異なってくる。しかし、太陽光発電投資の場合には設備を設置することで一定の収益を見込みやすい。また、郊外など一般的に活用しにくい場所の土地でも活用できるということがある。不動産投資では、都市部などが中心となるが、太陽光発電投資では郊外での活用が向いている。太陽光発電投資では、日照時間や周りに太陽光を遮るものがないことが重要となるため、その点には注意が必要になる。

行う場所

太陽光発電投資を行うときには、日照時間の長さに着目しよう。日照時間は地域や場所により、大きく異なるケースがある。ある地域では、晴れの日数が多い場合や日照時間が長いという場合もある。太陽光発電では、日照時間の長さが収益に大きな影響を与えるものである。その為、太陽光発電投資を行う際には日照時間の長さを考慮して投資先を決めることが重要になる。また、広大な敷地確保が必要なため、地価の安い場所ほど有利ということがある。太陽光発電投資では、安い土地を確保し、そこに設備を設置することでより多くの収益を得やすくなる。その為、郊外や地方など地価の安い場所で行うことが有効な手段となる。

新しい不動産投資

一軒家

不動産投資といえばアパートなどの賃貸経営が一般的な方法として知られていますが、それらに加えて新しく登場したのが太陽光発電投資です。太陽光発電投資は、太陽光発電を行って発電した電気を売却することで利益を得るというもので初期投資金額が少なくて済みメンテナンスにもお金が掛からないメリットがあります。

詳細

売電で収益が見込めます

ソーラーパネル

太陽光発電投資は日射量の多い地域で実施する必要があります。投資の回収は売電によって年数をかけて行うことになります。現在は投資金額の減価償却について税務上の優遇措置がありますが、この措置には期限があります。

詳細

損害保険で万一に備えます

ソーラー発電

太陽光発電投資には損害保険による災害への備えが必要になります。自然災害による損害に備えられるのみならず、盗難などの人為的な事故にも備えられます。様々なリスクに損害保険で備えることによって投資が可能になります。

詳細